2020年10月01日

中秋の名月

天候は晴れ!美しい十五夜の月、中秋の名月を見ることができました。満月は明日の十六夜の月です。


DSCN3270.JPG



DSCN3278.JPG
20:20


「中秋の名月」の不思議
10月の和風月名は「神無月」。
神を祀る月であることから「神の月」とする説が有力とされていて、「無」は「水無月」と同じように、「の」という意味をあらわす「な」にあたるといわれています。
また、全国の神様が出雲大社に集まり、諸国に神様がいなくなることから「神無月」になったという説も有名です。神々が集まる出雲の地では、旧暦10月を「神在月(かみありづき)」と呼んでいます。
この他、神嘗祭をする月という意味の「神嘗月(かんなめつき)」が語源とする説、夏の荒天がひいて雷が鳴らなくなる「雷無月(かみなしつき)」、新酒を醸成する(かもなす)頃という「醸成月(かもなんづき)」などが転じたという説もあります。

ところで、神々が出雲大社に集まるのは、出雲大社の祭神、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)が全国各地の神々を呼び寄せて、来年の重要事項について会議をするためといわれています。テーマは来年の天候や農作物の収穫、そして「縁結び」について話し合います。そのため、出雲大社は縁結びの総本山なのです。来年はどんなご縁が結ばれていくのでしょうか。それはまさに神のみぞ知るということですね。
また、10月1日は旧暦8月15日の夜、いわゆる「十五夜」です。十五夜の月は「中秋の名月」と呼ばれ、一年で最も美しい月が見られるとされています。
実は十五夜が満月とは限らず、1〜2日ずれることが多いのです。これは月と地球の公転軌道の関係で、新月から満月までの日数が14〜16日間と差があるからです。2020年は10月2日が満月になります。暮らしの歳時記より

posted by 岩海苔 at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: